《手作り酵素》秋の酵素の作りかた


秋の酵素は秋に採れる旬の野菜や果物を使って作る酵素です。

秋の酵素は冬から春にかけて、冬に時期に飲むのが最も体に良いと言われています。

旬のもの、地場のもの、国産でなるべく有機のものを選んでください。

種類が多いのでひとりで集めるのは大変です。

何人かで集まってみんなで材料を集めて作ると作りやすいですよ。

秋の酵素の材料集め

aki2

秋の酵素はみかん、ブドウ、りんご、柿などの秋の果物に、

にんじん、かぼちゃ、インゲン、サトイモ、きのこ類、穀物など、

農家から取り寄せたり、スーパーで購入したり、お庭になっている果物など、

いろいろなところから集めました。

 

材料はこれじゃなくちゃいけない、、という決まりはありませんが、

私が集めた材料は下記のとおりなので参考にしてください。

 

材料

  • りんご(紅玉)・・・8個(酸味のある林檎がいいです)
  • さつまいも・・・・2本 
  • カボチャ・・・1000グラム
  • 人参・・・2本 梨・・・2本
  • ゆず・・・2個(お庭から)
  • 柿・・・6個(近所のお庭から)
  • いちじく・・・3個
  • ぶどう3種類・・・150粒(なるべく国産のもの)              
  • おくら・・・2本(ネバネバ系はたくさん入れないほうがいいです)
  • いんげん・・・10本
  • しいたけ・・・50グラム
  • マッシュルーム…40グラム
  • 里芋・・・4個 み
  • みかん・・・4個(お庭から)
  • 生姜・・・50グラム
  • 冬瓜・・4分の1個
  • 枝豆・・・1袋
  • 落花生・・・20さや(殻つきで)
  • レンコン・・・1個
  • 白菜・・・2分の1個
  • ミニトマト・・・20個
  • アロエ・・・1本(ほんの少し)
  • 洋ナシ・・・1個
  • キウイ・・・2個
  • レモン・・・2個
  • ぎんなん・・・10個(殻つき)
  • 上白糖・・・11キロ(薔薇印がおすすめ・・・11袋)

※以下の材料は有限会社十勝均整社から購入しました。

  • 穀物セット(小麦、小豆、玄米、金時、大豆、黒豆、もちきび、イタドリの根、オオバコの種)・・・1000グラム

 

  • 赤ビート・・・500グラム(なかなか売っていないのでネットで購入、色がとても綺麗になるので赤ビート入れる事をおすすめします) 
  • 海の精・・・1本半 (海水中のミネラルやアミノ酸を豊富に含んでいる酵素飲料水です。)

 

  • 発酵助剤・・・1袋

通販で購入できます。

有限会社十勝均整社

定休日 : 日曜日・祝祭日
営業時間 : 8:30?17:30 ※土曜日は8:30?12:00
電話 : 0155-33-5148   Fax : 0155-34-6422
メールアドレス kinsei@poppy.ocn.ne.jp

材料の下ごしらえをします。

まず、材料をよく洗います。

aki3

aki4

aki5

穀類は前の晩から水に浸しておいてください。

洗ったら、軽く水を切ります。

材料を切ります

量が多いので結構大変ですが、野菜は5ミリ幅ぐらいに小さめに気っていきます。

aki6

りんごやみかん、柿など、皮のあるものは皮も全部使うので捨てないでください。

いんげんや枝豆まどは皮付きのまま、縦に切り目を入れます。

ぎんなんも実を出さずに殻に切り目をいれておきます。

みかんやブドウは皮も種もそのまま入れます。

 仕込みをします

材料をすべて切ったら、次は仕込みです。

黄色いプラスチックの漬物樽30リットルくらいのものをふたつ。

(白菜を漬ける樽です。ホームセンターで売っています)

 樽の上に乗るサイズのザルとボール

まずは樽の底に1キロの砂糖を敷きます。

 

その上に切った材料を少しのせていきます。

さらにその上に砂糖1キロを入れたら材料をよく混ぜます。

またその上に切った材料をいれ、砂糖1キロをいれてかき混ぜます。

これを交互に繰り返します。

最後に発酵剤を全体に振りかけて一番上に砂糖を均一にかぶせて

材料が見えないように砂糖で蓋をします。

最後はかき混ぜないでください。

aki7

発酵させていきます

この状態で1週間から10かけて発酵させます。

その時の気温で変ってきますが、寒いと発酵に時間がかかります。

毎日、キレイに洗った素手で1~2回かき混ぜます。

aki8

砂糖が底のほうで固まってくるので底から丁寧に砂糖を溶かすようにかき混ぜてください。

発酵してくると少し泡が立ってきます。

その後、エキスが温かくなってくるので、その様子をチェックしていてください。

果物や野菜からエキスが出て、材料がどんどんしわしわになってきます

エキスはキレイなワイン色になります。

aki10

エキスを濾します

発酵が進み、完成したら、エキスを濾します。

最初に材料をザルにあげて、一晩かけてゆっくり濾します。

 

無理やりエキスを絞ったりしないでくださいね。

鮮やかな、ワイン色になりますね!

aak11

濾したら、さらにガーゼでまた一晩かけて濾します。

出来上がったら最後にエキスに「海の精」を入れてかき混ぜれば完成です。

aki12

完成した酵素の活用法

出来上がった酵素は涼しい場所で保管してください。

夏場は冷蔵庫に入れたほうが良いですね。

酵素は朝晩30ccぐらいずつ飲むのが適量です。

酵素はカロリーが高いので飲みすぎには注意してください。

もし、酵素を飲んだらその分、他のものを減らすなど、してください。

酵素は水で薄めたり、炭酸で割ったりすると飲みやすいです。

酵素は熱に弱いので温めないでください。

エキスを濾したあとの材料は洗濯ネットなどに入れてお風呂に入れれば酵素風呂になります。

aki14

酵素エキスは顔などにパックとして塗ると美肌効果があるそうです。

コメントを残す